お金がすぐに必要な女子大生必見!学生ローンや高時給ナイトワーク

学生と言っても、中学生や高校生の間はそれほどお付き合いにお金が掛からなくても、大学生や短大生になると話は変わってきます。
親元から離れて生活していると家賃や水道光熱費、食費などのお金が必要になりますし、授業にかかる費用や大学でのお付き合いでも出費がかさむようになり親の仕送りだけでは足りない事も。

そこで役に立つのが学生ローンです。少額のお金をすぐに調達したいなら学生ローンが手っ取り早いですし、学業の合間に高時給バイトをすれば返済も楽で、自由に使えるお金も増えますね。
このページでは学生ローン高時給ナイトワークについてまとめています。

お金がすぐに必要な状況ですか?

学生の本分は学業ですが、大学や短大、専門学校に通う学生になると学費はもちろん、生活費や交際費など何かとお金が掛かるようになります。
例えばこんな事はありませんか?

・今月は合コンや飲み会が多くてお小遣いがピンチ
・旅行に行きたいけどお金が足りない
・通学のためのバイクが欲しいけどお金がない

他にも大学・短大までの交通費や生活費、交際費など、学生として生活していく上で何かと掛かるお金。
親の仕送りを増やしてもらえれば解決しそうですが、昨今の不況で仕送りの額を増やしてくれるとも限りません。
また親御さんと同居している場合も同じですよね。「お小遣いちょうだい」と言っても、そう簡単にお金が降ってくるわけではありません。

今、どうしてもお金が必要な状況であれば以下のような解決方法があります。

・学生ローンでお金を借りる
・バイトをしてお小遣いを増やす

学生ローンでお金を借りれば一時的に所持金は増えますが、最終的には返済しなければならないのでバイトをして収入を増やすのが一番現実的で確実な方法ですね。
では大学生や短大生、専門学校生にお薦めのバイトについてご説明しましょう。

同じバイトでも時給でかなり変わります

一言でバイトと言っても様々な業種があります。今は工場で仕分けの作業バイトがとても多いようですね。
休日の昼間に6時間程度のバイトが出来るとして、都内で仕分けバイトをすると時給は約1,100円前後が相場となっています。
コンビニも同じような時給レベルなので、6時間働くと約6,000円ちょっとの収入になります。

もし時給が3,000円だったらどうでしょうか?6時間働けば18,000円になります。
同じ時間働いたとしても3倍効率が良くなるわけですから、時給の高いバイトを選ぶのが得策です。

「でも、時給3000円もらえるバイトなんてあるの?」と疑問をお持ちの方、実はあります。次の項目をごらんください。

女子大生ならナイトワークが最も稼げる

女子大生がバイトをするならナイトワークがお薦め。
「ナイトワーク」と聞くと風俗を連想してしまいますが、お客様にお酒やおつまみを提供して一緒にお喋りやカラオケをするキャバクラやガールズバーなら、それほど抵抗無く働けるのではないでしょうか?

実はキャバクラやガールズバーでは女子大生のニーズが高く、わざわざ女子大生だけを集めたお店もあるほど。若い女の子が接客してくれるお店として人気を集めています。
ナイトワークだと時給が3,000~5,000円前後の所が多いので、コンビニや仕分けの仕事をするよりも効率的にお金が稼げるのが嬉しいポイントです。

★LuLINEでナイトワークできるキャバクラを探す(https://luline.jp/)

学生ローンを利用する方法も

借りたいお金が少額であれば、学生向けに特化した「学生ローン」を利用して使えるお金を増やす方法もあります。
学生ローンは学生でも融資してもらいやすく、しかも口座にすぐにお金を振り込んでもらえるので助かります。

ただし年収の3分の1までしか借り入れが出来ない、借入限度額が低い、金利が高いなどのデメリットもありますので、きちんと返済出来るかどうかを事前に良く考えておきましょう。
借りたお金は最終的にきちんと返済しなければなりませんので、計画的な返済計画が立てられない場合は借金しない方が無難です。

まとめ

大学や短大に進学すると、中学・高校時代とは違い、人付き合いや生活にお金が掛かるようになってきます。
生活費がピンチになった時、収入を増やすためのバイトや学生ローンなどの方法でうまく乗り切りましょう。