他のバイトより高時給!ガールズバーでバイトするメリットなどまとめ

ガールズバーは他のバイトより高い時給で働ける

ガールズバーの時給は平均すると約2,000円前後となっています。
2,000円前後の時給は一般的なバイトに比べれば高く、高時給であると言えますね。
時給2,000円のバイトを調査してみましたが、

・塾講師
・WEBデザイナー
・看護師(外来・病棟)
・薬剤師
・システムエンジニア
・PC関連のプログラマー

など国家資格や経験が問われるバイトが多くなっています。

近所にあるコンビニで時給を調査してみましたが、時給は約800~1,000円と言ったところ。
特に地方に行けば行くほど、時給のレベルが低くなっていきます。
そんな状況なので時給2,000円のバイトはそれなりに美味しい仕事と言えますよね。

ただお店によっては露出度の高い衣装(レースクイーンやバニーガールなど)を着たり、高いヒールを履いてずっと立ったまま接客しなければならないので、体力的にキツイ事もあるようです。
時給が高い分、他のバイトとは違うキツさを感じるケースもあるので気を付けてください。

キャバ嬢みたいにギスギスすることが少ないのもメリット

キャバクラとガールズバーの違いは「営業の有無」です。
キャバクラのようにお客様と個別連絡を取り、LINEやメールのやり取り、店外デートなどの営業はガールズバーには必要ありません。
お客様と店外デートをしても構いませんが、努力しても報奨金などで報われる事はありません。またお店によっては顧客と連絡を取り合ったり店外デートする事を禁止している所もあります。

キャバクラだと女の子の営業成績が毎月発表されたり、ロッカールームに営業成績が貼り出されるなどして売り上げを競わされているため、女の子同士の雰囲気が悪くなるケースもあります。
ところがガールズバーには営業成績を競うと言う概念がないため、「時給分の仕事をしていればいい」と言う感覚です。

女の子同士が営業成績を競ってギスギスする事がないので働きやすいんですね。
ただ「時給分以上に稼ぎたい」女の子にとってはガールズバーでは物足りないでしょう。
営業努力をしても報奨金が支払われる事もなく時給も上がらないので、遣り甲斐に繋がりにくいようです。

ガールズバーのバイトではキャバ嬢ほどの額は稼げない

ガールズバーの平均時給は約2,000円。キャバクラになると約3,000~5,000円となります。
高級店になると時給8,000円以上も決して夢ではありません。
高級店の場合、ルックスがかなり重要視されるため普通の容姿ではなかなか採用してもらえませんが、一般的なキャバクラであれば「女子大生です」「20歳です」と言えば大歓迎です。
若い女の子が優遇される業界なので、面接で会話が成立しないなどよほどの事が無い限り採用されます。

時給額がガールズバーに比べてキャバクラは約2~3倍高いですし、営業活動をすればその分報奨金ももらえます。
短期間でもガッツリ稼ぎたい女の子、努力がきちんと反映される職場で働きたい女の子はキャバクラの方がお薦めですよ。