意外と簡単?学生ローンの申し込み方法や審査基準について

学生ローンの申し込み方法

学生ローンの申し込み方法にはいくつかありますが、主なものは以下になります。

・店頭で申し込み
・郵送で申し込み
・ネットで申し込み

店頭での申し込みは学生が直接店舗を訪問して、必要な書類を提出して融資の申し込みを受ける方法です。
業者が自宅の近くにあるならこの方法をお薦めします。
あらかじめ担当者の名前や顔を確認出来るため、返済が難しくなった時、何か不安な事が起きた時は気軽に相談出来るのがメリットです。

学生ローンの業者は東京に集中しているため、地方在住の学生は直接店頭に足を運ぶ事が出来ません。
そこで郵送での申し込みやネットでの申し込みが出来るお店も多いです。

郵送の場合、まずは業者に電話で申し込みを行い、電話での審査を行います。
審査が通れば必要な書類(学生証のコピーなど)を郵送で業者に送ります。
今はFAXでも受付可能ですので、自宅にFAXの無い方はコンビニでもOKです。

送られてきた書類に不備がなければ、銀行口座にお金が振り込まれます。
最近はネットでも申し込みが可能となっており、ネット申し込みを薦める業者も多いですね。
業者のHPに専用の申し込みフォームが設置されていますので、氏名や住所、メールアドレスなど必要な事項を埋めて送信します。

ネット申し込みでも後日確認のための電話が入り、そのまま電話での審査となります。
審査が通れば必要な書類をFAXや郵送、メールに画像を添付するなどして送付。
お金が指定した銀行口座に振り込まれる流れになります。

国が実施している教育学生ローンも有名ですね。

学生ローンの審査で聞かれる内容や基準

学生ローンの審査では、必ずお金が必要な理由も聞かれます。学生のためのローンですので、学費や勉強のために必要なお金であれば問題ありません。
例えば教材費、参考書代、PC代、下宿の費用、通学のための費用、合宿代など。ここで「コーチの新作バッグを買うため」「競馬で万馬券を当てるため」と言ってしまうと融資不可能になるため、対応は慎重にお願いします。

融資の理由以外にも審査基準はあります。まずは年齢。学生証や運転免許証などで確認されますが、基本的には20歳以下の学生の場合融資が下りません。中には未成年でも融資可能な業者もあるので、未成年の方は融通の利く業者を探すことです。
アルバイトなどで定期的な収入があるかどうかも確認されますが、職場に在籍照会されない業者もあり、さらに収入証明も必要ないので審査自体はかなり緩いです。

借り入れ・返済方法

審査に通ると指定した銀行口座にお金が振り込まれ、融資完了となります。
その後は期日までにお金を返済していく流れになります。
返済方法には、以下のような方法があります。

・直接来店して返済
・銀行振り込みで返済
・専用のATMで返済
・郵便局から現金書留で返済

来店で返済する場合は振込手数料は必要ありませんが、交通費や来店までの時間が掛かります。
また銀行振り込みは最寄りの銀行ATMで可能ですが、振り込み料金が発生します。
専用ATMを設置している業者もありますが、数が少ないため手数料はゼロ円でも交通費が掛かるケースも。

現金書留の場合は封筒や切手代などの費用がかさんでしまいます。
返済のための回数が増えるとその度に手数料がかかってしまうため要注意です。