お金に困る大学生へ!大学生が利用できる学生ローンとは?

学生ローンは大学生が利用できる借金の一種

学生ローンは大学生・短大生・専門学校生が利用出来るローンです。
ローンと横文字でカッコよく表現されていますが「借金」である事に変わりないため、利用する前にきちんと借金が返済出来るのかを考えておく事が大切ですね。

学生向けローンですが、アルバイトなど定期収入があり20歳以上であるなどの条件をクリアすれば、まず問題なく借り入れができます。
もし定期収入がない、未成年などの場合は審査に通らず融資を断られるケースもあるので注意が必要です。
学生であれば誰でもお金を貸してくれるわけではありません。

すぐにお金が必要なのに親御さんや友達から借りられない場合、学生ローンを利用する方法はもちろん有効です。
ただ業者の数が多いので、借りやすさや金利、即日融資出来る、出来ない、在籍確認の電話の有無など各社それぞれに違いがあります。
どの業者で借りるのが一番良いのか、ある程度比較して絞り込んだ上で申し込むのが基本です。

審査の際の利用目的が重要に

審査の際には必ず利用目的を聞かれますので、以下のような答えでは融資してもらえません。

・競馬や競輪、パチンコで遊ぶため
・FXや株に投資したい

ギャンブルのためにお金を借りたいとなると審査はまず通りませんし、投資目的でも同じです。このような理由ではお金を借りる事が出来ないので注意してください。
審査に通る理由として代表的なものには以下のようなものがあります。

・学費支払いのため
・下宿代の支払い
・教材やパソコンなど学業に必要なものを買うため
・運転免許証の取得費用
・バイクや自転車など通学のために必要なものを購入するため
・通学のためのバス代や電車代(交通費)

これらの理由であれば融資を断られるような事はありません。
学生の本分は学業なので、学費や勉強に必要な教材、パソコンに必要なお金、通学のために必要な交通費やバイク、自転車の購入費用など、学業のために必要なお金であればほとんど問題なく融資してもらえる事になります。

もちろん下宿生活をされている方で「親元を離れて生活しており、生活費が足りない」と言う理由でも問題ありません。
審査の際は利用目的を正直に話すのが基本です。

借りられるのは年収の3分の1まで

学生ローンは学生を対象にしたローン制度ですので、100万、200万円と高額な貸付は出来ません。
融資額は基本的に年収の3分の1までとなっており、年収100万円であれば貸付限度額は約33万円になる計算です。

もしバリバリバイトをしており、年収200万円を稼いでいる学生ではどうでしょうか?
約66万円の貸付が可能になる計算ですが、貸付会社によってはどれだけ年収があっても上限50万円など、貸付出来る金額に上限設定しているケースもあります。
学生ローンは少額貸付が基本となっていますので、何らかの理由で100万円・200万円とまとまったお金が必要になった場合はローン会社を頼らずに、まずは親御さんと相談してみる事です。